So-net無料ブログ作成

やっとカーテンつけました。 [買い物]


先日 寝室のカーテンがやっとできました。
引越ししてから2ヶ月・・・・[あせあせ(飛び散る汗)]
テンポラリでつけてた布でも充分用が足りてたので なんとなく
ずるずるとそのままになっていたのです。

で 少し前にチャクラの布屋でソファのカバー用の布を買って
店の子に「どこかいい縫製屋知らない?」と聞いてみたのです。
華僑系のお姉ちゃんが「いつも使ってる店」を紹介してもらい
お店に行ってみたのですが 紳士服の仕立てとカーテン仕立ての店でした。

店に飾ってるサンプルのカーテン見たら・・・・

20100226-3.jpg

20100226-2.jpg



どうですか~(笑) 
まぁ どこにでもあるようなフリフリピカピカのカーテン
これが一般的なインドネシアのカーテンなんです。
こんなのだったら 布をかけておいたほうがマシ(苦笑)

まずは試しにと ソファのカバーを作ってもらいましたが・・・・

まず納期 3日間でできるというので 余裕を見て5日間
月曜日までにお願いといって きたその予定日
店を訪ねると。。。。 「週末病気で休んでた」とかで
でたでたお決まりの言い訳作戦。[パンチ]

そのあと2日で仕上げましたが あがったものチェックしたら
指定したところがちゃんと縫われてなかったり
ヒモの位置が違ってたりで 修正~[バッド(下向き矢印)]

翌日取りに行って おおまかに確認して帰ってつけてみると
指定した長さより3センチほど短くて(両脇で1.5cmずつ足りない)
はしっこのところあいちゃってます。。。

20100226-4.jpg

2mのソファの座部分 背部分 +大き目のオットマン?
3枚縫ってもらって Rp75.000-(750円)
ちなみに布は1.5mx5mで 1mあたりたしか 400円くらい
厚めのベージュのコットン素材がなかなかええ感じです。
端っこ短いけど(ちゃんと計って縫え~)

20100226-5.jpg


う~むと思いながらもほかの店を探すのも大変かな~
本業 ダサイモデルしかないとは言え カーテン専門店なんだし
ちゃんと縫うやろうと思って 引き続き今回のカーテン
お願いすることにしましたが・・・・


出来上がったものみて またもやがく~~[もうやだ~(悲しい顔)]
表側はそこそこちゃんと縫えていましたが 裏を見ると
端布のぼろぼろのところ そのまま折り返して縫ってるのですよ!
カーテンなのに??? 

あまりにひどいので またもややり直し!
もうどうなってるの???
と ここでやっと ここはアカンと思ったけどあとの祭りでした。

こちらも翌日には修正してくれてたけど
一度縫ったところをはずして縫いなおしたからか?
全体的に縫ったところがきゅ~~っとナナメになってるし

おまけに昨日チェックした時にはついてなかったシミが!

「ここ汚れてるやん!」と指摘したら
「あ、、これさっきアイロンかけた時のこれ 霧吹きの水ですよ」
(そうしてもそんな汚れには見えないけど もしかしてそうか?)
なんとなくナットクして帰りましたが やはりこれは大嘘で
今でも消えないうっすら汚れがついてるのですよ。

も~いやっ[爆弾]

20100226-6.jpg

ちなみにカーテンの値段は 布が1.5mワイド 8mで3000円くらい
(メーター約Rp40.000)
縫い工賃は 1.8mワイドx2.1m が2枚でRp100.000-(1000円)
カーテンレールはかなり安モンくさいアルミのもので 4mでRp200.000-
約2000円です。 合計Rp6000円ほどで カーテンできました。

以前住んでた家に オットの姉が新しいカーテンつけましたが
なんだかとっても高かったので(そして↑上のようなカーテン)
自分で布探して縫ってもらったんですが う~んな感じ。


20100226-1.jpg


どなたかマタラム、アンペナンで上手でそそこそお手軽値段で縫う
カーテン業者見つけたら教えてくださいね~[手(パー)]
実はまだ娘の部屋やお客さんのお部屋のカーテンついてません。


先日バリに行った際 クタのエースというホームセンターに
行ってきたのですが ここにはそこそこほしいものがあり
でもあまり大きな買い物は飛行機に載せれないので
どうしよ~と思ってたら よく教育された販売員さんが(ここポイント)
「ロンボクだったら 荷物毎日送ってますよ ギリです、ギリ!」
という話きいて フクザツな気分でした。
(結局送らなかったけど とりあえずもてるだけ買った買い物
帰りのガルーダ30キロ超え! でも追加チャージなしでした~ガルーダええやん)

たしかにロンボクの店でどう探しても「これ素敵~」ってものがほとんどないので 
ギリでこれからかっこいいヴィラでも立てるで~と思ってるオーナーさんたち
バリで買い物して送るんでしょうけど ロンボクの中の島なのに
ご当地ではぜんぜん買い物してもらえなくて ムムム・・・[たらーっ(汗)]

こういう現象を見ても いまやギリはロンボクのギリではなく 
バリのギリって感じがひしひしします。
中部の新空港ができたら ギリなんてとんでもなく遠くなるし
パタンバイやアメッドから出ている高速ボートの需要 
ますます増えるんじゃないかと思うのでした。

ちなみに 今日はじめて知ったのですが 中部ロンボク空港関連で
ドバイからの観光客を受け入れるため クタの超高級ホテル建設の計画してた
ドバイのエマールが今回の計画をご破算にしたということで
年間12万人をドバイ周辺各国から送る計画で始まった新空港!!
このリゾートの計画中止で 恐れていた事が現実になりそうな感じです。[ふらふら]

しかし工事は50%以上進んでいて 3月に仮オープン(ありえません)
いまさら元には戻せないところまできているので 
どうしてもこれは完成させるようですが 
結局は今のマタラムの空港規模の発着数しか見込めないんじゃないかな~と。
なんだかホンマに中途半端で トホホな計画になってしまった感じの
新空港のようです。結局自然破壊しただけや~ん[もうやだ~(悲しい顔)]

ちなみに このニュース 実は今年に入ってすぐくらいに発表されたとかで
毎日新聞読んでるオット 教えろ~!(今日ママ友に教えてもらいました)

さてこれからどうなりますかね?


今日も長文にお付き合いいただいてテリマカシ[るんるん]
応援のポチもひとつよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ イ
ンドネシア情報へ
にほんブ ログ村


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 6

片田舎動物病院

はじめまして。
コメントありがとうございました。

ブログ楽しく見させていただきました。
インドネシア、行ったことありませんが分かりやすく紹介されていますね。
過去の記事もこれからゆっくり読ませていただきます。
by 片田舎動物病院 (2010-02-28 08:25) 

cae

その昔、旦那さんのお父さんが夫婦で洋裁の仕事してました。
が、旦那さんが小学校5・6年生の時に、お父さんが他界してしまわれ、未亡人となったお母さんは生計をたてるために、お父さんの仕事を続けてたみたいですが、子供達が巣立った今は、何もしてません。
が、当時のお客さんが何人か、未だに服を作ってと布を持って来るそうで、そんな話を聞くと上手だったのかな~とか思ったり。

でも、洋服とカーテンは違いますもんね。
家もKopangだし。
しかも、旦那さんの話しだし、話半分かな・・・とか思ったり(笑
あまり、お勧めしませんwwwww
by cae (2010-02-28 13:49) 

エナエナ

カーテンひとつでもインドネシアだね~~!!
色々と大変です。
『ニトリ』で買っておくりましょーーか??安いっすよ♪
とは言うものの、サイズがやっぱり違うでしょうね。
がんばれーー!!ママハナあと一息!!!
by エナエナ (2010-02-28 18:20) 

ママハナ

■片田舎動物病院の先生

こんにちは~遊びにきていただいてありがとうございます。

茶トラオヤジ猫は今晩にでもこちらの獣医さんとこに
ついれていきます。こうなったら神頼み^^;
あまり悪いイメージはもたず 元気になってる姿だけ
頭に描いておこうと思います。
さっきマグロをやったら パクパク食べました。
とりあえず食べられてる間は大丈夫ですね。


■caeさん
そうですね~洋服とカーテンは根本的に違うようで
いつもクバヤをお願いしている 高いけど仕事は定年な
中国系のお店で以前お願いしたんですけど
受けてくれなかったのです。

こうなったら自分で~と思うけど
なんせ中学の時に家庭科(裁縫)で2もらってる腕前
できあがったシャツか何か 先生が「着れるように直すね」って
言われたくらいなので とてもムリ(苦笑)

これがバリだと 外人相手のカーテン屋がわんさかあって
イメージどおりのもの作ってくれるようですが
とりあえず その人の嗜好がわからないと
こういうものいくら頼んでも 思ったようには作ってくれないですね

あまり高い理想は追わないほうがストレスためなくていいです。

■エナエナさん

私がきっとふりるのふりふりが好きだったら
ここまで悩まなくてすみそうだけど(苦笑)

とりあえず その「感じ」をわかってくれる職人がいないのが
かなし~~ロンボクです。


by ママハナ (2010-03-01 11:17) 

寺島しのぶ、世界をうならせたのは“脱ぎっぷり”だった

日本人女優として35年ぶりにベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した女優、寺島しのぶ。

世界をうならせた決め手は、迫真の演技と脱ぎっぷりの良さだった。

ここまでやるか、というぐらいの激しい濡 れ 場。
現地の批評家たちも圧倒されていたらしく、こちらも是非動画でご覧になっていただきたい。


http://trsmsnbkp.blogspot.com/
by 寺島しのぶ、世界をうならせたのは“脱ぎっぷり”だった (2010-03-01 12:34) 

hanachan-234

いい加減さに笑えます。
  
   それが普通なんでしょうが・・・
by hanachan-234 (2010-03-01 20:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。