So-net無料ブログ作成
検索選択

リンジャニ トレッキング その5 [観光情報]

20101013-5.jpg


3日目 6時起床 朝までバク睡 [眠い(睡眠)] 
同室だったリーダー(♀)にご迷惑かけたかも(笑)
外気温は10℃ この日もホカホカカイロのお世話に・・・[いい気分(温泉)]

日本だと寝袋も羽毛仕様なんてのがあるらしく
寒いところでもホカホカなんだそうですが
当地(特にロンボク!)にはそんな気の利いたモノはありません。
下山後はザブザブ水でお洗濯なので普通の綿わたです。




ロンボクで買うと綿わたやけど 3000円くらい(笑)日本のは高いんですね~[ダッシュ(走り出すさま)]



しかし今回のツアーは実はExclusiveツアー(笑)なので
寝袋の下にはウレタンマット付き [黒ハート]
お手軽ツアーはペラペラのラバーマット 、この差は大きい
以前はエアーベッドだったんですけど 野外で使うと
あっという間に穴が開いて使えなくなるとかで 
ウレタンマットに変更になりました。

そして前はポータブルトイレも運んでましたが 
これもどんどんうす汚れるので 最近はトイレテントだけ(穴は掘ってくれます)
実物見ましたけど 5-6キロはあるんじゃないの?ってシロモノ
ここまで便利さを求めるのもどうよ?って感じですね。




20101013-1.jpg


朝ごはんは ペラペラのパンケーキ(クレープ?)と
昨日食べ残して湿気たクラッカーに衣をつけて揚げたもの
これ好評でした!アイディア賞やね[ひらめき]
パイナップル、、、いっちゃなんだが これだけはまずかったです。

予定より少し遅れて 7:45出発

20101013-2.jpg画像をクリックで 大きな画像 別窓で開きます。

今日は昨日スンバルンから降りたクレーターをスナル側に向かってまた登ります。[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
またもや登りだよ~と 気分は重い[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

30分くらいは湖畔を歩いていきます。
汚れてない湖は水が透明で 魚がくっきり見えます、あっちにもこっちにも
大きなの小さいのいっぱいいてます そら釣れるはずだ。


20101013-3.jpg

途中チャリンコとカヌーが湖畔沿いに置かれていました。
なんでこんなところにこんなものが?
そのヨコには やる気のなさそうなインドネシア人の男性たち(若い)が
テントの入り口で座り込んでいます。
実は撮影のためにこの器材を運んできたんだけど 6日間待ち通しで
肝心の撮影班と俳優が来ないんだそうな[がく~(落胆した顔)]
食料は底をついて どうするよ~となってたそうです(湖は携帯の電波なし)[たらーっ(汗)]

途中の登りでスナルから降りてくるロケハン一行にであったので
なんとか遭難せずに済んだらしいけど いやはやご苦労様です。

何の撮影ですか?と聞いたら CMということだったんで
日本の「ファイトォ~ いっぱぁ~つ[ダッシュ(走り出すさま)]」みたいなヤツかしら?と想像
もし湖でカヌー漕いでるCM見たらそれはロンボクですんで
(インドネシアのCMですよ) 誰か見たら教えて(笑)

しかしここでカヌーを漕いでのんびり湖散策なんて楽しそうだな~[るんるん]


20101013-4.jpg
画像をクリックで 大きな画像 別窓で開きます。


そんな楽しい湖畔の平らな歩きから いよいよ上り坂です。
今日は一番ノロイ私がガイドの後ろにつきます(基本だそうです)
最初から私にとっては うっ!きっつう~~という坂が続きます。
途中 これはロッククライミング?と思うようなよじ登りの箇所も
2つくらいありました[たらーっ(汗)]
思わず「ファイト一発!」と叫びながら登りましたよ[わーい(嬉しい顔)]、気合いれなきゃ。
(ほんの一瞬のよじ登りってだけなんですけど・笑)
ガイドの後ろについてたおかげで 手をひっぱってもらったり
かなり助けてもらいました、ええ位置やったなぁ。へへへ[るんるん]

20101013-6.jpg


今日の上りは3時間でしたが 結局中盤から
「うぅ~今日もやっぱりついていけないかも」ってくらい疲れてきまして
ついにガイドに背中にしょってた荷物を持ってもらうことに・・・・
背負ってたのは雨具とこまごましたものだけだったんですが
背中がフリーになったら まるで羽が生えた(?笑)みたいに軽く
ガイドのナイスヘルプのおかげで ノロノロながらも
10:40 無事にスナル側のクレーター上に到着[手(チョキ)]



20101013-7.jpg
画像をクリックで 大きな画像 別窓で開きます

ここまできたらあとはもう下るだけやでっ!よしっ[ひらめき]


20101013-8.jpg

ここを下りだすと 美しい湖の姿は見えません。
いつかまた見に来たいけど これるのか? という気持ちで
スガラ アナッ湖の姿をこの目に焼き付けたのでした。


ガイドさんたちは タバコタイム[喫煙]
ほんと頼もしかったです、オガさん 感謝[キスマーク]

20101013-9.jpg

ここから 下り道なんですが・・・・[右斜め下]
またもや 明日に続く[soon]




ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします[るんるん]

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ









nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

cae

私にも、いつも旦那がピッタリとくっついて登られるんだけど(私が初心者だから)、でもイヤなんですよね(なんて身勝手なwwwww)

私、ノロノロなんで、最後尾を歩きたいんです。
しかも、私ナゼか登りだすと、オナラしたくなるんです(爆笑
普段 運動不足なのに、運動すると 腸も動き出すんですかね?
これは旦那も同じで、私達はブーブー登山ですwwwww(最低だwwwww)

クラッカー揚げるって、初めて聞きました。
どんな感じなんでしょう?
つか、どんだけパイナップル持ってったんですか?
毎日パイナップルが写真に写ってるような・・・ww
by cae (2010-10-14 19:13) 

ツカヤン

盗聴、あっ違った、登頂、おめでとうございます! って、山頂じゃないけど、ここまで登ったんだから凄いっす!

これぞ「Exclusiveツアー」のおかげですね!

トイレの話題の下に写真があったから、トイレの写真家と思ったのは我輩だけでしょうか・・・。

それにしても、火口湖の素晴らしさ、「凄い!」の一言に尽きます!


by ツカヤン (2010-10-14 20:19) 

ママハナ

■caeさん

けっこう登ってはるんですか?

私も本音は後ろについて マイペースで歩きたかった
後ろで 停滞してると思うと プレッシャーが^^;

歩いてるとオナラって それ後ろの人辛いね(笑
あ、ご主人がクナするのか(笑 じゃ いいね。
私にはその現象はなかったです。
おっしゃるとおり腸が活動しだすんでしょうね いいこっちゃ。

揚げクラッカーは隣についてるパンケーキの衣を
くぐらせて揚げた感じでしたよ 最初食べたときは
なんじゃこりゃって感じだったけど^^;
湿気たビスケットやせんべいにも応用できそうです。


■ツカヤン

朝食パンケーキが トイレ(の中身?)に見えたんですか?
やだ~~~~

私 泊りがけの山歩きってまったくしたことなかったんで
実はこれが私のスタンダードになっちゃったんです。
日本じゃ絶対登れませんね(まず荷物背負って上がれない)

メンバーさん 個人荷物用のエキストラポーターも頼んでたのに
やっぱりあんまり軽いと変とかおっしゃって 自分で担いでる人
けっこういました。荷物出してみて ビールまで持ってはったんで
これは預けてください!って ポーターに預けましたけど(笑)
(ちなみに4日間で1人60万ルピアの追加ポーター料金です
1人30-40キロまで持ってくれるのですよ)


ダイビングもトレックも インドネシアはすべて 殿様仕様です。
楽チン ばんざ~い!


by ママハナ (2010-10-15 09:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。