So-net無料ブログ作成
検索選択

緑のバナナ  [食べ物]

日本にいた頃は 仕事に行く前の忙しい朝はバナナとミルク
ブレンダーで がが~~っと混ぜて一気飲み、、が朝ごはんでした。
コンビニで買うお手ごろお一人様用バナナはたしか1本50円くらい。(高っ!)

そしてバナナが普通にその辺になってるインドネシアに住んでるのに
最近はあんまり食べなくなっちゃった。。。。^^;
近々に豪邸建設予定(笑)の我が家空き地には 何本かバナナの木があるのに
その土地にはまだ柵もしておらず誰でも入り放題なので 
バナナもきっと花をつけ たわわにバナナが実ってるはず。。。。なのに
我が家ではそのバナナを見たことがなかったのでした。
誰じゃ~~~ バナナドロボー!

そして 行ったスーパーで バナナを買う私って。。。。

インドネシアのバナナは普通に食べるもの 加熱用 大きいの小さいの
すごく種類が沢山あるんですが その中でも日本で売ってるバナナに近いな~と思うのが
このバナナです。

緑のバナナってまだ熟れてないんじゃ、、、と思われるかもしれませんが
このバナナは熟れても緑のバナナなんでございます。
名前はたしか ピサン・ヒジョー(その名も緑のバナナ、、、そのままやし)

最初これを見たときは 「こんなん食べられへん~」と思いましたが
食べてみるとあら不思議 ちゃんと熟れて甘いじゃ~ん。

 

 

そういえば インドネシアのマンゴも熟れているのに 外側は緑なんですよね。
フィリピン産の黄色のマンゴが見慣れてる私には 最初はすごく変な感じでしたが
9年も緑のマンゴを見てると 最近では黄色のマンゴが変な感じに思えるから
慣れってすごいな~と思います。
(いろんな種類がありますが 形が違うだけでたいてい緑のマンゴーです)

バナナの木は一度実をつけたら その木はそれでおしまい
根つたいに新しい芽がどんどん出てきて大きくなるのでした。
(実をとった木はさっさと切ってしまったりします)

今回の緑バナナ 実は家に帰ってさっそく末娘が食べたがったので
ばき!っと1つもいで皮をむいたら、、、、、熟れてませんでした。
あちゃ~~~! (翌日ちょうどよい塩梅でした、、、ほっ!)


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

収穫の季節 Musim Panen [石鹸・アロマ]

ロンボクは実りの季節、ここのところ郊外に出かけると
あっちでもこっちでも稲の刈入れで忙しく働く人々の風景に遭います。

三角の日よけ帽子をかぶって 稲を刈る姿は私が子供の頃
秋に学校近くの田んぼで見かけた風景、なんだか懐かしい~~~^^
皆が忙しくなってしまった日本ではすっかり見かけなくなってしまいましたね。

刈入れした稲は一所に集められ 今度はまたまた総出で
稲穂から籾をとるため 手に持った稲の束をたたきつけている田んぼもあります。

日本だと刈り入れた稲ってしばらく干したりするはず?
(最近そういう風景見た記憶がないけど変わってないでしょね?)
こちらは 先にこのモミを取ってしまって 家の軒先や道路の端っこに
どわ~~っと広げて干しています。(。。なのでご飯にはよく小さな石が混じってます)


この間の日曜はロンボクの北側 リンジャニ山の登山口でも有名なスナルに行ってきました。
スナルに入るちょっと手前に 米の入った袋が積み上げられ
建物から突き出した煙突から ぶわ~~っと噴出す粉状のもの発見!

あっ!!!これはヌカだ~~~! ここは脱穀をしてくれるとこらしい。

話がかなり飛びますが 実は私 1年ほど前から 生ゴミの処理に
EMを使っているんです、今までは液体をそのままゴミに振りかけてたんですが
EMの指南書には EMボカシと言って EMとヌカなどを混ぜて発酵させたものを
使うのもよいとされているので ずっと新鮮なヌカを探していました。

EMで生ゴミを活かす―家庭菜園から農業利用まで

EMで生ゴミを活かす―家庭菜園から農業利用まで

  • 作者: 比嘉 照夫
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

で、この建物の裏に積みあがってるものを見にいったら
それはヌカではなく モミガラなのでした。。。。が~~ん。
(モミガラを混ぜるのもOKみたいですが あくまでオマケみたいです)

このモミガラとかヌカというインドネシア語が分からなくて
説明するのに めちゃくちゃ苦労しましたが(笑)
精米もやっているようなので なんとかわかってもらえました。
インドネシア語でヌカは Dedak (デダッ)ササック弁では Kot(コッ)というらしい。
モミはGabar (ガバール) モミガラは Kulit Gabar (クリット ガバール)と
辞書にはありました(ササック弁は子守のお姉ちゃんに聞きました)

このモミガラは用途がないそうで まったくのゴミなのでタダなのですが
ヌカは家畜の飼料や肥料になるそうで 1キロRp1000(約13円) で販売してました。
用意したズタ袋いっぱいでいいよ~と言ったら なんと42キロもありまして

私がEMのゴミ処理用に使うのはせいぜい10キロも仕込んでおけばいいので
なんだか買いすぎてしまったようです^^;
(皆にいったい何に使うんだと聞かれたけど 説明がこれまた難しい
生ゴミの処理というだけでも????な世界なので?笑)

残りは ヌカ床でも作るか????

とりあえず ロンボクは刈入れのシーズン現金収入のある季節で
乾季で気候のよい時期も重なると言うこともあり 
この頃には嫁入りの行列も 特によく見られる時期でもあります。
このような刈入れの時期のことを Musim Panen(ムシウム パネン)と呼びます。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ギリ トラワンガン SCALLY WAGS [レストラン情報]

先日のギリ・トラワンガンに上陸した際
ヴィラ・オンバックの横に新しいレストランができていました。
(そういえば少し前から工事してたよな~~と・・・)

 

名前は SCALLYWAGS  私の英語の辞書には載っていませんが
インドネシア語で意味は何?と聞くと アナッ ナカールと言っていたので
やんちゃ坊主とかいたずらっ子と言う意味みたいです。
(間違ってたらゴメンです)オーナーはオージーです。

 

店の奥行きは浅く 間口がかなり広いお店。
レストラン、、、というよりは ゆったり飲めるバーラウンジかな。


お昼ごはんだったので お酒は飲まず クラブミートスパゲティ
手羽先のローストをオーダーしました。

 

クラブミートはややパサパサなカンジでしたが お味はまぁまぁ(麺も多分一応アルデンテ

 

ロースト チキンウィングは皮の部分が香ばしくローストされており
サンバルゴレンも お味はかなり美味しかったです^^

ギリ トラワンガンは年々ホテルも真水、ホットシャワー完備のホテル
ほんまにギリの店?ってくらい 洗練されたレストランがどんどんできて
ますますギリ人気が高まりそうな予感(環境が汚染される心配も予感最高潮・とほほ)


7月ももうすぐ終わり 絶好調のギリ各島はどこも大盛況で
お部屋の確保はいまからではかなり難しい模様。
島についてから 行き当たりばったりで宿探しの方はこの時期要注意です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

なんちゃってクロックス [ロンボク]

私がクロックスサンダルを知ったのは ちょうど去年の今頃

最近来るお客さまで何人かこれはいてた人がいるな~と思ってたら
お客さまに「これ今日本で流行ってるんですよ~」と教えられました。

こちらに来てから流行関係の話題には特に鈍感になってしまったワタシ。

そして それから1年後 マタラムの靴屋さんのワゴンセール
大量につまれた なんちゃってクロックスを発見!

値段を見ると 1足 Rp27500 (約350円)と手ごろなので
子供とワタシ(子供用の35がぴったりだったんだけど ちょっと大きめで履くのが
いいみたいですよ~と 教えられました・^^;)
4足分まとめて購入してみました(笑)
少し前に ギリで 1足Rp140.000-とかで売られてたんです(もちろんニセ)

その後それを見たご近所さん 「軽そうでいいねぇ~」「Rp27500て安いなぁ~」

そう この島ではホンマモンのクロックスは観光客が履いてるのを見るしかないので
ホンモノ ニセモノというより 誰もクロックスのことなんて知らないのです。

なんちゃってと分かって買うのも なんだかなぁ~ってカンジですが
子供用なんてすぐ汚れて使えなくなっちゃうし これで充分ちゃうの~というのがホンネ。

ちなみに 先日行ったバリのセントロに入っている ソゴーの靴売り場で
初めて「正真正銘ホンマモン」のクロックスを見たのですが お値段、、、、
ナ、ナント Rp350.000- (約4600円) 日本では3900円とかって聞いたけど・・・
見た目 ホンマモンは素材が違うみたいですね^^;


去年 このクロックスのことを教えてくれたお客さまが 今年も来られて
ミッキーちゃんの形の穴があいた ニュークロックスを履いてました。
そして そこについていた飾りボタンを 「使わないのでお子さんに・・・」と
いただいてしまったのでした~~(Hさん いつもありがとうございます!)

やはり ホンマモンの風格がただよっています(笑)

Hさんには いつも日本の流行モンを教えていただくのですが
今回のネタは マドンナもご愛用のエコバック (あぁまた名前忘れた~)
「I’M NOT A PLASTIC BAG!」と書かれたアレです。
(検索したら アニヤ ハインドマーチと出ました、これこれ!)

先日 ヤフーニュースでも 中国で販売予定だったが 混乱を避けるため
販売中止になったなんて書いてましたね~~
(そのお客さんが教えてくれなかったら いったい何のことか?。。。)
そのうちまた中国製のイミテーションが出回るんだろうなぁ~(笑)

インドネシアではエコに対する関心がと~っても低いので
関心を高めるためにも こういうのが話題になってくれるといいな、と思いました。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

禁止事項 [ロンボク]

私がギリを初めて訪れたのが 多分11年前 

友人と2人 ガイドブックも持たず行き当たりばったりの旅で
バリ(かつてあった高速船マブア→スンギギから船をチャーターして行きました。
約1時間の船旅 ちっちゃな船なので 酔いやすい人にはかなりきつい
やはりギリに近いところまで車で移動 そこから船というのがお勧めです。

 

そして話は戻り 最初にたどりついたのがギリ・トラワンガン
(ガイドブックには トラワガンとかかれていますが の間に
微妙にちっちゃくがついてるので 日本語の表現が難しい 表記はTrawangan です。)

降りた船の我々の目の前にいたのが、、、、、

ビーチにずら~~~っと並んで甲羅干ししている

トップレスのヨーロピアン達 

(30~50人以上はいた・・・・みんなでやれば恥ずかしくない?)

船を一緒にシェアしてた アメリカの田舎(ウィスコンシン)から来た
おっちゃん2名もこんな光景をみたのは初めてなのか 目が点(笑)
私達が そそくさ~~~とその場違いな雰囲気から退散したのは言うまでもない。

すごく覚えているのがその一群の中に東洋人の男性(多分日本人?)がなぜか1名
やや距離をとりながらも一緒になって寝てました、、、、、(なぜ??)

同胞蔑視するつもりじゃないけど やっぱ浮く~~~!
トップレスはやっぱり日照時間の少ない国の方々にまかせるのが一番かも。
後日 オットに聞いたら 裏側にはヌーディストビーチもあったのだとか。
一糸まとわぬ姿で公共の場でトドのように寝転がってるなんて うえ~~っキモイ。
(ヨーロピアンすべてが美しい肢体の持ち主とは限りませんので・・・)
おいおい ここはイスラムの国やでぇ~~~侵入者は遠慮してんかっ!^^;

しかしその時以来 多分 トップレスの人というのは見かけたことがありません。

もっともオットがその場所にわざわざ連れて行くわけがないので
実際はしばらくはそのトップレスポイントには一群はいたのだと思いますが。

そして ここ何年かではこんなカンバンがデカデカと掲げられてます。

 

「このスイミングエリア 裸 禁止!」(爆)

このアスタガッ!(イスラムのオーマイガッ!)見るに見かねて 作ったのでしょう^^

ヨーロピアンの個人主義も やはりTPOを考えてくれよぉ~なのでした。

ここは基本的に観光エリアで 島の人も ビキニ姿のお姉ちゃんなどは
見慣れていると思いますが(内心 絶対やっほ~♪と思ってると思います・笑)
たとえば 観光エリア以外のビーチ たとえば東ロンボクや未開のビーチなどでは
女性はあっけらか~~ん!とビキニ、ピタピタショートパンツになるのは 少し考えモノです。
若いお兄ちゃん オッサンは鼻血モンですので ほどほどに。。。。

(具体的に言うと 女性の胸の割れ目まで見えそうな深いカットのタンクトップ
へそだし お尻が半分見えそうな短パン これらはかなり刺激的風景です)

ここは約が90% イスラム教徒の島 郷に入らば郷に従えを守ると 
きっと尊敬されるお客様として受け入れられると思います。
(あくまで ローカルエリアでのお話しですので、、、念のため)

 

イスラムといえば 我が家の女性群(私と娘達除く)は 今週からプアサ(断食
去年の断食月に できなかった日数分の断食を今のうちに返済しとこうと
毎日 がんばっています、、、みんな えらいなぁ~~~
私は3回の妊娠出産、月々のものなど 断食できなかった日(借金・笑)は
そんなん知るかいなっ!というくらいたまりすぎて返済不可能な状況
もう踏み倒すしかない~~~!(神様ごめんなさい)


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ギリ トラワンガン ヴィラ・クラッパ その2 [ホテル情報]

クラッパ・ヴィラの続き・・・・・。

普通サイズの3ベッドルームを見学しようと 足を踏み入れると
ちょうどお掃除が終わったとこだったようで 若いお姉ちゃん達がガゼボで休憩。
どこから来たのと聞くと 全員ギリの子なんだとか。
小学生のときは お小遣い稼ぎパイナップルでも売ってたのかな~(笑)
写真撮ったあと 皆に見せると 「やっぱアタシが一番かわいい~?」
「へぇ~~?」で、皆 大笑い(とりあえず なんでも笑えるのは若さの証明?)


こちらは 前回お知らせした ヴィラ・マリーナと同じ敷地面積(7アール)だけど
建物は全体的にこじんまり、 庶民な私にも落ち着くスケールです(笑)

プールを囲むように LDK、ベッドルームが2つあるのはマリーナと同じ
3つ目の寝室は入り口のほうにあります(ツインタイプのお部屋)

ベッドルームもかなりコンパクトだけど 寝るだけの空間とした場合は充分です。


現在のクラッパ・ヴィラの構成は 
ヴィラ・マリーナの大きな3ベッドルームが1つ
そして今日の普通サイズの3ベッドルームが3つ
(画像のヴィラは土地が広く 他の2つはもっと狭いようです)
私が見学した日はお客様の入っていた2ベッドルームが1つ
5つのヴィラのみです。

1ベッドルームと3ベッドルームヴィラ2つが現在工事中で 近日オープン予定。
この工事中の裏には広大なヤシの木の林が続き ヴィラオーナー希望者があった場合
順次ヴィラを建てていく予定だそうです。

 

実はこのヴィラの位置がビーチから400m以上入ったところにあり
徒歩だと 10分はかかりそうなカンジです。ここが少し惜しいところ
電話もお部屋の中にはなく 島のワルテルまで行かないとダメだそうです。
レンタル携帯電話が必須な環境ですね)
インターネットもそんなわけで現在はヴィラ内でつなぐことはできませんが
近々にワイヤレス プリペイド式のネット回線環境を整えるとのことでした。

ヴィラの設備は整っているけれど 朝食も基本はゲストが勝手に作るそうで
(リクエストすれば 画像のハウスキーピングのお姉さんが作ってくれるそうです
材料は ヴィラ側で毎日お部屋に届けるとのことでした)
至れり尽くせりのバリのクロボカンあたりにある ヴィラのサービスは
あんまり期待しないほうがいいかも、という気がしました。

ま、この素朴さがロンボクの良さともいいますので(いいふうに言えば)

このクラッパ ヴィラも近日中お値段公開予定です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ギリ トラワンガン ヴィラ クラッパ その1 [ホテル情報]

ヤシの木の根っこの部分をひっくり返して 仏の顔にしちゃったオブジェ
この発想がすごいな~~~。

ギリ・トラワンガンに1年くらい前にできた クラッパ ヴィラを見学してきました。
クラッパってカッパみたいな名前ですけど インドネシア語でココナツのことです。


このヴィラも 最近流行のバリにもあるような オーナーシップ制のヴィラです。
マネジメント会社が管理していますが それぞれのヴィラにオーナーさんがいます。

現在 オープンしている5つのヴィラのうち 今日は3ベッドルームの
大きいほう(ヴィラ マリーナ)と 小さいほう(ヴィラ スナン)を見学。

ヴィラ マリーナは敷地面積7アール(700平米 約212坪)で 庭部分も広々です。

びっくりしたのは なんといっても吹き抜けになっている広々としたLDK
ソファの大きさ 間口の取り方 すべてが 外国スケールだなぁという感じ。
大人数で利用すれば この広さはストレスのない空間になりますが
2人とか4人で使うと 広すぎて なんだか寂しそ~(笑)

キッチンには大型冷蔵庫、電子レンジ、湯沸しポット、コーヒーメーカーと鍋類
10名分の食器グラスなどがセットされています。
(しかし材料はどこで調達するのかしら???)

リビングソファの正面には大型のプラズマ(液晶?)テレビも鎮座
ロンボクでここまで大きな薄型テレビは電気屋でも 見たことがなかったけど ギリで見るとは。。。
アストロという有料の衛星放送のデコーダーもありますので
な、なんと NHK(海外用の番組編成のプログラム)が見れます。
年末年始 南国で紅白歌合戦なんて ステキかも(笑)

寝室はプールの前に2つ 玄関横に1つ ですが 吹き抜けのLDKが
中2階になっていて このスペースに ライブラリコーナー(ペーパーバックが並んでいました)
そして その奥に ロマンチックな天蓋付のダブルベッドがあります。

 

3ベッドルーム プラスこのエキストラベッドで 合計8名まで宿泊することができます。

 

各ベッドルームには バスルームがあり このマリーナのお部屋には
これまた巨大なバスタブがありました、お湯をはるのに30分はかかりそうです。

室内の水は水道会社の水道の水で 真水とのこと。
そしてプールの水は井戸水なので海水まじりということです。

プールも大きなヴィラにふさわしい大きなプールで 20m近くありそうです。
せっかくギリに来て このヴィラにこもりっきりというのも???な気がしますが(笑)

とにかく設備の面ではほぼ完璧 仲間同士でのんびりまったりな休日が送れそう
そんなギリ トラワンガンのヴィラ クラッパです。

明日は ちょっとちっこめの3ベッドルームなど紹介します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ちっちゃな子供のお食事タイム [子供のこと]

今日は朝から大阪で悲しいニュースばっかりでしたね。
高校の校門に生まれたての赤ちゃんが置き去り(生きててよかったけど)
あとは一家心中。。。。。死ぬくらいの勇気があるんだったら 何でもできる!と思うんだけど。
うちの娘くらいの ちっちゃな子供が親の手で殺されていました、、、本当に悲しい事件ですね。

おとといの夜 NHKの番組で女性タレントが お寺で修行する番組をやってましたが
その中でその寺の和尚(京都 万福寺でした、多分)
「生きていて楽な人生というのはありません 次から次へと困難が来ますが
人間はかならずそれを乗り越えられる、だから その困難が来るのです」
というような事をおっしゃってました。人生そのものが修行の旅って事なのでしょうね。

インドネシアの人たちも 日本人より もっともっと ビンボーで
どうしようもない生活をしてる人がワンサカいるけど
グチグチいいながら ドロドロしながらでも たいていの人は人生を全うしてます。
これは イスラムの教えで 「自殺者は天国には行けない」という事もあると思いますが
あんまり先の事を考えず その日その日を淡々と(精一杯ではない・笑)生きてるから、、、かな?
このあたり 先の先ばかりを考え 絶望感に襲われがちな日本人とは 基本的に違うようです。


そして何より血縁一族で支えあって なんとかやっていけるという救い(甘え?)を
みんなどこかに持っているようでもあります。(苦しいときはお互い様みたいな。。。)


「あるかないかわからない未来の事をあれこれ考えて悩んでも仕方がない
だってそうなるかどうかなんて誰にも分からないんだから。」
、、、とは 今は亡き親友が言ってくれた言葉 そう悩んでも先には進まないのだ!
(そうは言っても やっぱり日々 大中小と悩みはつきませんけど、、ははは)

と、、、今日の大阪のニュースなんて 今や日本ではもう日常茶飯事で「またか」
くらいの感になりつつありますが ダメよ 鈍感になっちゃ、今の日本はやっぱり異常です。
特に子供の虐待ニュースは インドネシアだったら すごいワイドショーネタです。

そして今日の話題に。。。。(前置きが長すぎ、、スマン)
え~と うちのご近所にはちっちゃな子供が沢山います。
日も傾きかけた 午後5時 家の前の道には片手にご飯とおかずの入った食器を持って
この小さな子供たちをお守りしてる人があっちもこっちにも。

小さな子供(2歳くらいまで)は とにかくまだ動物に近い感覚なので
お行儀よく座ってゴハンを食べましょう~と言っても 絶対じっとしてませんよね。
それを無理やり座らせて 大人しく食べさせようという事自体がムリ!というもの
食事をあげてる親も 「食べさせられてる」子供も精神衛生上よろしくない。

ということで この画像のような状況になるということで(笑)
子供は自由に動き回り そしてスキを狙って 「はいっ」とスプーンを口に持っていくと
「パクっ」、、、、、まぁ そんなにうまくはいきませんけど
ながら食べで 最後は気がついたら全部食べていたよ!となるみたいですね。
少なくとも外で食べるので 床がご飯粒だらけになって 掃除の手間が増える心配もありません。

日本人の常識から言うと 「行儀わる~~~」というお食事スタイルですが
インドネシアでは 小さな子供に限らなくても けっこうフツーなのでした。

大人は 好きなおかずを皿に盛ったご飯と一緒にのせて 好きなところでパクパク
(だって 田舎の家には食堂というようなスペースがない家もいっぱいだから・笑)
あくまで こういう家庭もあるって事だけで すべてではありませんのであしからず。

外の空気に触れながら 手だけで食べる食事もたまには好きです♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ほうき売りのパプー [ロンボク]

掃除用のほうきを肩にかついで売り歩くパプー(おじいさん)発見!

単車に乗って 仕入れた掃除用具をてんこ盛り積んで
「ブ~~(奥さん~)サップゥ~!(ほうき~)」と
声をかけながら 家の前を通り過ぎていくおじさんもいますが
自分で作ったぽい 竹の柄と天然素材でできた こういうほうきを
すりきれたサンダルで ついでに哀愁もしょって テクテク歩いて売る方に
なんかついつい釣られてしまうワタシ^^;

お値段も昔ながら(?ちょと前はRp6000くらいだったような)の Rp12.000-(160円)
手伝いの子が交渉したのでこの値段だったんだと思います。
ワタシは物陰から そ~~っと見てました、だって ワタシだと絶対高くなるから(苦笑)

しかし 竹を切って ほうきのフサフサの部分を整えて 形成して
けっこう時間がかかりそうだけど 160円はちょっと トホホやなぁ~

買って帰ったものをよく見ると フサフサの部分 
天然素材(タワシのもっとやわらかいようなカンジ ヤシの繊維ではありません)
この間にすでにゴミのようなものがいっぱい付着しとります(加工時に出たゴミっぽい)


今回買ったのは 天井用の柄が長いものだったんですが
天井掃除したら このほうきのゴミも一緒に落ちてきそうなカンジ(笑)

インドネシアの家屋はどの家も天井が高くて 普通のほうきでは掃除が大変
(あっ!電気の掃除機もありますが 使うのは年に数回、毎日の掃除は
どこも ほうきがキホンです、タイルなので毎日雑巾がけもしてます)
今日から我が家の天井もきれいサッパリか?(その前にほうきの掃除しなきゃ・笑)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ハナちゃん ピカピカの一年生 [子供のこと]

今日は朝の5時から夕方4時すぎまでの大停電、一日何もできずで参りました。
おかげで この間から読んでる「華麗なる一族」 読破、あ~疲れた。

 


7/16は 長女の小学校の第一日目でした。
学校は結局 家から一番近く(と言っても1キロくらい)近所の仲良しが通うところにしました。
ま~~いい環境で勉強させてやりたいのが親心だけど 色々聞いてても どこも一長一短
本人がここっ!て言うんだし 精一杯がんばってくれたまえ(笑)

 

いまだに こちらの学校システムがよく分からないんですけど
幼稚園でも 小学校でも特に「入学式」って大げさなイベントもなく
(次女の幼稚園は卒園式はあっても 入園式はやっぱりないようです)
一応 始業式のようなものはあり その一環で新入生の紹介もするのか??

私の子供の頃を思い出すと 1年生の初日は入学式があり 
父兄も子供もちょっとお出かけ着で みんな並んで記念撮影。
そして自分の教室に入って どきどきしながら自分のイスに座り
新しい教科書が配られ。。。。というカンジだと思うのですが。

パパと帰ってきた長女は特に教科書ももたず 手ぶらで帰ってきました。
インドネシアは義務教育ではないようで 教科書もお金を払って買うというのは聞いてますけど
、、、、それはいったいいつ????

日本の尺度で物事を憶測すると 本当にワケがわからないこの国なのでした。

分からないといえば 制服も日替わり制服なんですね。
幼稚園からそうなんで また一から覚えねば~~~で
今日は白地に紺のバティック シャツに白いプリーツスカートだったのに
スカートが違う~と 送る途中で登校する子の姿を見て また家に戻ったり
(こういう事も聞かない限り一切知らせてくれません。。。とほほ)
朝は 子供を6時に起こして 6時半に登校と 朝苦手な私にはちょっとツライ
(帰ってくるのは10時すぎです、、、ホントあっという間に帰ってきます)

今回 ふつ~の公立小学校に入る際に必要だったのは
Rp400.000- の寄付金のようなものと Rp180.000-の制服代でした。(5000円くらい)
あとは毎月の授業料ですね。。。いくらなんだろう。
公立だけど 新設のインターナショナル校に行かせたママ友は
入学金(寄付金)にRp9.000.000- (10数万円!)毎月の授業料はRp400.000-(5000円ちょっと)

同じ公立でも 本当に色々です まぁウチの長女の学校はもっとも一般的みたいですが。
田舎の学校はもっと安かったり(現金収入の少ない世帯が多いからだと思います)  
オットの実家のあるスンバワのタリワンという町は ニューモンドという外資系の会社があり
(銅鉱山の開発)ここからの税収で 小学校、中学校がずっと無料なんだそうな。

しかし インドネシア政府も教育にもっとお金をつぎ込め!という声もあがっており
今後国会で議論されるか??という話にもなっているそうですが
果たしてどうなることやら???
やはり小学校くらいは 無料で通えるようにしてあげたいですね。

日本に住んでいたら 今年の4月から小学校1年の長女 
彼女はインドネシア人ですが 日本の国籍も持っています(21歳でどちらか選ぶ事になってます)
こちらの領事館に教科書の申請をすると 前期、後期で ちゃんと日本の教科書が配布されます。
日本も今や国家予算が厳しい中 こういう制度はいつまで続くのか??ですが 
なるべく 長く続いてほしいなと思いますね。ガンバレニッポン!

 


 


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。