So-net無料ブログ作成
スンバワ ブログトップ

スンバワの王様の即位式 [スンバワ]

ブログランキングに参加中[ひらめき] 皆様のご協力お願いします。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

今日の画像はすべてオットが撮りました。
私は現場には行っていないので 様子がよくわからずです[たらーっ(汗)]

20110417-1.jpg

私が日本から帰って3日後 オットが
「王様から招待状がきたから スンバワ行ってくるわ~」と出かけていきました。
(じきじきに賜ったものではなくて どっかから回ってきたような。。。笑)
スンバワ島はロンボク島の東隣にあるロンボクよりも大きな島です。
オットは西スンバワのタリワンという町の出身
王様とはその町から車で2時間近く走ったスンバワブサールというスンバワで
2番目(?)に大きな町の王様の事です(もうひとつは東スンバワのビマです)

王様って、、、誰?

20110417-2.jpg
王様がこれからお出ましに

20110417-3.jpg
あっ見えた!

20110417-4.jpg
お~王様です!


帰ってから聞いてみると スンバワブサールの王様の即位?の式だったそうです。
この王様すでにご高齢な感じなのに なんで今更?なんですが
12年前までインドネシアの大統領だった スハルト(故人)さんの時代
ジョグジャの王様以外は その地位を弾圧されていたらしく
公な王家としての行事はできなかったそうです。(前の王様はかなり前に亡くなった)

スハルト政権も倒れ 混乱していた治安も安定して 経済も良くなった今
廃れていた王様の地位を復興しよう!ということで今回の式典に相成ったらしい。

20110417-6.jpg
大事な儀式の場面


そういえば オットと結婚した当初に何かの用事でオットが高校時代をすごした
スンバワブサールを訪れた際 王宮に行ったことがあったんですが。。。。
その時11年前ほどの話、、、、スハルト政権崩壊直後 国の中はとても混乱していて
各地で暴動が頻発していた時代でした(10年一昔とはよく言ったなぁ)

その王宮といわれる敷地は観光客でも出入り自由、、、だけど訪れる人もなし
ものすごく覚えているのが 王宮なのに屋根がトタン、、、、[たらーっ(汗)]
あぁ昔の時代の話だから 王宮と言っても建物を維持するのは大変なんだろうな~
なんて思っていたんですが、、、(あまりに貧乏臭かった・・・)

おったんかい あの時王様が [あせあせ(飛び散る汗)]

なので今回 即位の式なんてきいて 超ビックリ

 
20110417-8.jpg

しかし 世界が均一化していく中で こういう伝統的な文化を継承していくことって
とても大事なことなんじゃないかと思います。

20110417-9.jpg

20110417-10.jpg


スンバワの王様と言っても もちろん政治的な力はなく 象徴のような存在ですが
王家が昔から統治していた地域では(遠くオットの実家の方までも管轄下だったそう)
今でも地域間の揉め事などがある場合は 王様が仲裁に入ったりするのだとか
今でもスンバワの人の心の中では信頼を得ているということなんでしょうね。

20110417-113.jpg

今回の式典には NTB州知事(ロンボクとスンバワは同じ州です)や
ジョグジャカルタの王族なども参加していたようで
とても盛大な式典だったようです、 参加したかったな~。

20110417-112.jpg

20110417-11.jpg
こちらジョグジャカルタの王様の奥様?






王様が昔々この土地を統治していた時は一般庶民はお顔を見ることも
できなかったんやでと オット そらそうだろう。
それが今では、、、、

20110417-5.jpg

こんな感じ 携帯電話で王様の姿 パチパチだよ(ウチのオットはカメラで、、[わーい(嬉しい顔)]




ちなみに10年前はトタンだった王宮の屋根 ちゃんと伝統的な屋根に
なっていたそうですよ(オットはそんな事すっかり忘れていました)

20110417-14.jpg



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ウィンの両親を訪ねて [スンバワ]

20100602-2.jpg

5/30 モスの結婚式があっと言う間に終わったので
同じ村出身で うちのスタッフのスマイル ウィン
彼の父、母が隠居?してる田んぼビューのお宅に行ってきました。[いい気分(温泉)]


20100602-1.jpg

モスの家から車でさらに8分 たんぼビューだけあって田舎
そして素朴な高床の家 ここで畑をしながら暮らしてる父、母

実は実りの季節で刈り入れ前の素敵な景色が見れますよ
というので誘われたんだけど、、、
行ってみたら刈り入れは完了していて すっかり丸坊主 [失恋]
ちょっと残念、、、、田植えの後の新緑の頃なんて素敵なんやろなぁ

20100602-3.jpg

家にはニワトリ、犬はもちろん ハト小屋もあって
ご近所さんちと言っても向かいに家が2軒あるだけ
夜はきっと真っ暗で怖いくらいとちゃうかな~と思ったり。

20100602-5.jpg


20100602-11.jpg

おじゃますると 庭先ではヤシの炭で魚とエビを焼いてて
めっちゃええニオイがぷ~~~ん
魚はボラ、、、ということは これやねっ

20100602-10.jpg

これぞスンバワ料理の その名もスパッ(ト)[ひらめき]

香ばしく焼いた魚をわざわざ冷たいスープにひたして食べるんですよ。
もったいな~と思うけど スープにはタマリンドやライムの酸味が
サワヤカで そしてぴりっと辛い ま、、、南蛮漬のあっさり版?
もやしや青いマンゴを細く切ったものなどが入っていて
食欲のない時でもモリモリ食べられます。

20100602-9.jpg

ほかにもこんがり丸揚げの鶏や テンペゴレンなど


田んぼ見ながらの昼食 サイコーでした。[るんるん]


20100602-8.jpg

食後は目の前にあるヤシの木に登ってくれて 新鮮なココナツジュース
そして中のやわらかい果肉(クラッパムダ)をいただき~
自然な甘さがたまりません。
お土産に5つも持たしてくれました[手(チョキ)]


20100602-6.jpg

家の前にある川では  橋の下ではお向かいさんがマンディ中
そして ふっとその川下見たら さっき食べた食器洗ってるよ~~[たらーっ(汗)]

20100602-7.jpg

きっと う○○なんかもここか???
この日は前日夜の大雨でニゴニゴ まさにミソもクソも状態だけど
ロンボクの町の中の川と違って 使ってる人がまだ少ないんで
ゴミも見当たらず けっこうキレイな感じ(笑)

ロンボクの田舎は中途半端にツーリスト慣れしてたりして
なんだかな~と思うところも多いんだけど
観光化されてない 素のスンバワ(西のタリワンと言う町です)
この素朴さがたまらん~ってくらいの田舎です。[ぴかぴか(新しい)]

20100602-4.jpg

次回 ウィンのお父ちゃん、お母ちゃんと訪ねるツアー組む?
なんて笑っておりました。[わーい(嬉しい顔)]
みなさん どうですか~?

20100602-12.jpg


ポチっとよろしくお願いします[るんるん]

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イ
ンドネシア情報へ
にほんブ ログ村


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
スンバワ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。