So-net無料ブログ作成
観光情報 ブログトップ
前の10件 | -

空港近況と空港のタクシー事情 [観光情報]

ひさしぶりに空港に行ってきました。
我が家から 約50-60分、何度行っても遠いよ~[あせあせ(飛び散る汗)]
前の空港は家から10分だったからね~



で、空港に行くとあったのが

20121001-1.jpg

今まで国際線は以前の空港からあったシルクエアー
(シンガポール航空の子会社)だけでしたが
10/12から ついに エアアジアが就航予定[ぴかぴか(新しい)]
マレーシアのクアラルンプールから週3便(水、金、日だったか?)
ちなみに 航空券はネット予約の際 日本⇔ロンボクではヒットしません
日本(羽田・関空)⇔クアラルンプール⇔ロンボク
別々で予約するしかない模様  めんどくさ~[バッド(下向き矢印)]

エアアジアは ほかの航空会社と並んでチケット窓口がありますが

20121001-2.jpg

最近就航の ロンボク⇔スラバヤを飛ばす ガルーダの子会社 シティリンク
こちら 現在空いてる窓口がなく ショッピングモールの臨時出店
のような形で窓口がありました[たらーっ(汗)] 
去年開港したばかりの空港、これからも乗り入れ会社が増える
増えてほしい!という主旨で開港した はずなのに
新規参入して ちゃんとしたチケット窓口のスペースがないとは・・・・
なんか ロンボクらしいなぁの トホホな話[ふらふら]




で、新しい空港になってから目につくのが 
到着ゲートでたむろする 白タクの面々、、、
以前のマタラム空港では ほぼ見なかったのですが 
ここでは堂々営業中、ゲートにいる警備員も見てみぬふりしてます。

20121001-3.jpg


しかも開港以来 行くたびに客引きしてる人が増えてるような?
ほとんどの人は ホテルやエージェントの迎えがきてるので
交渉成立してるような場面は見たことがないんだけど
数が増えてる ということは お客いるんだろうな~。

到着する人を待つ間に ヒマそうな人に声をかけてみました。

私が話しした人は 空港から10分くらいのところの住人



ほとんどが空港周辺の人達で 空港側も ほんまはいて欲しくない
けども言えない、、、(説明難しいんです~すみません)
という状態なんだろうな~と推測します。 
ロンボクの田舎の人(と言い切る) 常識通じません。
俺らの土地で商売するんやったら 俺らにも儲けさせろ
というわけのわからない理屈・・・かなぁ???
見せてもらった料金表、 

20121001-4.jpg

ほかの人も同じ値段でやってるらしい
ちなみに 空港~スンギギ Rp250.000-(2000円ちょっと)
ギリにわたるバンサル港まで Rp350.000-
クタ Rp150.000
グルプック Rp250.000-
旅行社と同じような価格設定です。


開港当時から この地元エリアの人達の 「オラが村」主張は
非常に強く 元 マタラムの空港の職員も 新空港で仕事するのを
開港当初 怖い怖いと言っていました。

オラが村で よそ者は仕事すんな~ おれらに仕事させろ~[爆弾]
という理屈なんだそうな(いや、、できるんなら頼むけどな。苦笑)
でも 外国や島外から来るお客さんを そんな人らが
さばけるない、というのは 空港側もわかっている
でも 完全無視すると 何されるかわからん、、、というので
本当は容認したくない白タクビジネス しらんぷりしてのではないか?
、というのが あくまで私の推測です。


20121001-5.jpg

そのかわり 当初 車の乗り場の近くにあった 空港タクシーサービスが
空港の建物内の荷物受け取り(ターンテーブルのあるところ)の
片隅に移動しています。

料金は マタラム空港の時は 行き先つげると ナンボで
完全前払いの制度でしたが 新空港は
・以前と同じく 空港で前払い
・メーターを使う
先に お客がどちらかを選択することができるようです。

これは先払いの場合の料金表

20121001-6.jpg


マタラムは Rp125.000-(1000円程度・約1時間)
スンギギの中心地 光って見えませんがおそらく Rp150.000-
最近賑やかになってきてる スンギギの北部(クンチやホリディリゾート)
Rp170.000-
ギリに渡るパブリックボート乗り場のあるバンサル(2時間弱) Rp215.000-
サーファーの村 クタは ぐっと近くなり(20分) Rp70.000-
ラクエンのあるグルプックは Rp95.000-
実は良心的な価格かも? 

メーターの場合は このカウンターで Rp17.500-を先に支払い(手数料)
あとは目的地までメーターで行ってもらう というシステムです。
この場合 支払いの際 大きなお札出すと お釣りないです、と言われたら終わり
なので 空港で先払いが賢明かも???ですよ。
ご注意ください。



ちなみに ルートは反対になりますが
私 家(マタラムのはずれ)~空港まで ブルーバードタクシーで
Rp100.000かからないくらいでした。

20121001-7.jpg

(こちらの料金は 2012年9月時点のものです インドネシアはインフレの国です
価格は年々上がっていっていますので 参考程度でお願いします。)

やっぱ空港 元のマタラムに戻って欲しい~



nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ロンボク-バリ間 スカイに乗ってみました。 [観光情報]

20120814-5.jpg

先週末はバリでした、断食のこの時期にバリに行けるって
もう天国~[ぴかぴか(新しい)]  はい しっかり断食、、、してません(笑)
旅行中などは 一応免除、でも借金なので返済義務ありです。

20120814-2.jpg

ところで今回は1年ちょっと前に就航した その名も
SKY という会社の飛行機に初めて乗りました。

ルートはバリ-ロンボクが1日一往復
7:30 バリ→8:00ロンボク
8:50ロンボク→9:20 バリ(私はこれに乗った)

バリ-ラブアンバジョ(フローレス島)も1日1往復
10:00バリ→11:30ラブアンバジョ
12:00ラブアンバジョ→13:30バリ

コモドドラゴンを見に行くなら このラブアンバジョが
一番近いようです。行ってみたいな~♪

20120814-3.jpg

知名度が低いというのものあってか この日のお客は
私を入れて13人 航空券は30万ルピア程度
ガソリン代出るんやろか?

小さな飛行機(フォッカー)で48人乗り
昔はこれが バリ-ロンボクの主流でしたが
今では え?こんな飛行機まだ飛んでたの?ってくらいレトロ

20120814-6.jpg

座席の間隔はそれほど狭くもなく 2人並びなので快適
離陸と同時に立派なアクアのボトルが配られました。

20120814-7.jpg


続いて どうぞ~と差し出されたのがパンとお菓子
2種類だけでしたが 好きなほうどっちでも取れって
選ばせてくれましたよ。


20120814-4.jpg

フライトアテンダントの髪の毛アップにしたお姉さんが
めっちゃ人なつこくて 「日本語教えて~!」って
飛んでる間中 あれやこれやと話をしてくれたので
30分のフライト時間はあっと言う間でした。[新幹線]
最近のガルーダもライオンも仕事モードのスッチーが多いけど
このスカイのお姉さんは 飛行機の機体と同じく
昔ながらの インドネシアらしいスッチーでした。

20120814-9.jpg
写真もなんぼでも撮って~ウェッブに載せてもかまへんx2
と めっちゃくちゃフレンドリ~[かわいい]
手前のオジサマは この会社のマネージャーのようでした。
カラオケのお姉さんとそのお客に見えなくもない[わーい(嬉しい顔)]



当初 予約も 昔ながらのノートでの管理(笑)でしたが
最近オンラインブッキングもできるようになったそうです[手(チョキ)]

20120814-11.jpg

www.sky-aviation.co.id
こちらで バリ⇔ロンボクの予約、発券ができます。

20120814-8.jpg

庶民的なスカイ 気に入りました[るんるん]
まだまだ残ってるぞ インドネシア気質(笑)
でも時間はわりとちゃんと飛んでるようなので いいとこだらけ



気に入らないといえば 親方日の丸?のガルーダ[ちっ(怒った顔)]
もうしょっちゅうなんですが 遅延が多すぎです。
機体のやりくりがタイトなのか? 17:30の出発と言いながら
1時間以上の遅れ 数回経験しました。

20120814-10.jpg

今回も帰りはガルーダ 断食中だからか?
出発は17:00でしたが やっぱりの1.5時間遅れ。。。。
これだったら日本からの同日乗り継ぎに戻してほしいです。
日曜日は16:00にチェックインして 家に着いたのは21:00
5時間もかかってしまいました、、、
エエ加減にしてほしいです。[パンチ]



まとめ [飛行機]現在バリ⇔ロンボク間を飛んでいるのは

日に3便のウィングエアー(WINGS AIR)ライオンの子会社
http://www2.lionair.co.id/Default.aspx

日に1便のガルーダ
http://www.garuda-indonesia.com/gi_us/

日に5便飛ばしてるように見せかけてドタキャンのメルパティ
最近は少し改心したってウワサですけど(笑)遅すぎっ!
http://www.merpati.co.id/

日に2便のトランスヌサ
http://www.transnusa.co.id/
オンラインブッキングができないみたいです。[バッド(下向き矢印)]

そしてこのスカイの5社 です。

10年前と比べたら 随分快適になりました~♪
でもボロボロのプロベラの飛行機で 着陸時には
わざわざコックピットに続くドアを開けて
着陸の瞬間を見せてくれた(メルパティでした) [わーい(嬉しい顔)]
あの頃ののんびりさ加減も捨てがたいものがあるのでした。



ブログランキングに参加中[グッド(上向き矢印)] 皆様のご協力お願いします。

   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ギリメノーの海が好き [観光情報]

20120521-3.jpg

日本は金環食一色でしたね~ NHKでばっちり観察しました。

本当は日本で生金環食見たかったな~。

 

日曜日は子供をつれてギリ・メオンーへ行ってきました。

1年ぶりかな、、

去年も今年もリピーターのお客様Cさんに会うために来てました。

毎年元気な顔が見れて嬉しや[かわいい]

 20120521-1.jpg

朝10時ごろまでは こうしてリンジャニ山がきれいに見える事が多い

この日もてっぺんまできれいに見えてました[ぴかぴか(新しい)]

20120521-2.jpg

少し前にいざりぃさんに会いにトラワンガンに行ったばかりだから

メノーとても静かに感じました、、、が やっぱりホテルはさらに増え

オフシーズンだけどそこそこ観光客もいて 昔に比べたら

やっぱり賑やかになったなぁ。

ちょこっと波の音 どうぞ~[ぴかぴか(新しい)]

でもって こころなしかビーチの砂の色も真っ白じゃなくなってたような?

20120521-4.jpg

昨日は大潮だったせいもあるけど 満潮時にはもうこんなところまで

波が迫ってきていました。

4/24の大潮時には ものすごい高波が来て メノーの老舗?

マリアズ チャイルドのレストランの裏のほうまで波が押し寄せたそうで、、、

さすがにスタッフもビビッた、、、と言っていました。

この間行ったギリアイルのZIP BARの前のビーチも

その前の高波でごっそり砂もっていかれてましたし、、、

温暖化、、と地球の浄化パワーが重なってるような気がします。

島がなくなるときって 案外あっと言う間のような気がします。

その時は海から1キロもない我が家も どっぱ~んと、、、来るやろなぁ[たらーっ(汗)]

 

ブログランキングに参加中 [満月] 皆様のご協力お願いします    にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

空港内のフードコート [観光情報]

空港の続き[飛行機]

20120405-7.jpg
以前の空港では飛行機のところまで歩いて乗るしかなかった飛行機
今回は国際空港とつくだけあって ボーディングブリッジもあります(自慢か・笑)

今回は朝10:45のウィンエアーを利用。(画像は親会社のライオン航空)
空港までは いつも航空券を手配してもらってる JataTourから出ている
シャトル便 片道Rp35.000-(350円)を使って空港まで行きました。
9:45発 マタラムからだと 1時間ぴったりくらいなので 8:45くらいに出れば
間に合うんですけど シャトルは時間制なので8:00発を予約してました。
車は普通の箱バンみたいな [車(RV)]スズキのAPV エアコンちゃんとついてて
私のほかはスンバワに行くという お客が2名。

この2人が スンバワ行きの飛行機に間に合わなさそうだったのか?
新しくできた空港道路では運転手さん、、、速度メーター見たら 100キロ越え[がく~(落胆した顔)]
このままバリに行かず 天国行きそうやな~ [たらーっ(汗)]スリル満点
ロンボクはヤギとか鶏の飛び出しありそうだし。キケンなんですよ 実は。

そんなスピードだったので 普通に走ると1時間の距離が 
なんと30分で空港に到着~!はやっ [わーい(嬉しい顔)]
チェックインは9:45くらい 時間はたっぷりあったんで
朝ごはんを食べることにしました。[レストラン]

20120405-2.jpg

チェックイン済ませて 2階の待合ロビーのあるフロアに上がると
レストランや土産物 本屋さんなどが並んでます。
国際線の待合方向の一番奥のほうに フードコートのような場所があり
そこに行ってみました。

20120405-6.jpg
大阪好の人がオーナーなんでしょうか?

間口2.5Mほどの小さな店が 5.6軒並んでます が
2軒目の店除いて 提示されてるメニューってほぼ同じようなものばっかり
差別化って言葉はここにはないのだろうか?

20120405-4.jpg


美味しいコーヒーとパン なんてメニューはありえないので
無難そうな ソトアヤム(鶏のスープ)にしてみた。

20120405-3.jpg

意外やお味はけっこう美味しかったです! ご飯も量があったけど
スープと一緒に食べると ぺろっと・・・完食[るんるん]
あったかいお茶とソトアヤム、ごはんで Rp45.000-也 空港価格

これで空港内にwifiがあったら快適なんだけど あいにく一般エリアには電波なし
プライオリティラウンジのみ wifiがあるよとことでした[もうやだ~(悲しい顔)]
一般人のママハナ 蚊帳の外です、こういう移動の時はスマホほしいな~と思いますね。
私の携帯はSMSか電話かけるだけ ノキアの一番安い電話(笑)

20120405-5.jpg

フードコートの奥には コンビにもできてました。
でも空港の中だと搭乗客か空港で働く人しか利用できないのに
、、、なんで外に作らなかったんでしょう?不思議です。

ほかにも2階の出発ロビーには 以前の空港よりもこじゃれたものが買える
土産物屋さんなんかもあるので 早めにきても なんだかんだと時間を
つぶすところは ちょっと増えたかな。


ブログランキングに参加中 [かわいい]皆様のご協力お願いします。

   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新しい航空会社 SKY [観光情報]

週末はバリに行ってました[るんるん]

で、空港ネタ 少々飛んでますが続きます。
オットが1月くらいに乗ったとかで聞いてはいたけど
バリ-ロンボク間を結ぶエアラインがまた増えました。

20120402-3.jpg

今回バリ行きの飛行機にチェックインして 歩いてたら
イブ~と声をかけられて ふと見たら以前あったIAT
(Indonesia Air Transfer) という会社のお姉ちゃん
オットが言ってた新しいエアラインで働いてるってことで
お~~ひさしぶり~[手(パー)]


20120402-1.jpg



あいにく飛行機は何使ってるのとか 値段とかは聞き忘れたんですが
とりあえずは以前のIAT のように小さな飛行機を2機くらい
持ってるような小さな会社のようでした。

海外から気軽にオンラインブッキングできる昨今
完全アナログな会社もやや苦しい気はするのですが・・・

飛行ルートは バリ-ロンボク-ラブアンバジョ(フローレス)
バリへは1日2往復 ラブアンバジョへは1日1往復

20120402-2.jpg

時間通りに飛んでるかは まだややナゾですが
まだ知名度がないだけに 他の会社が満席でもスカイは空いてる
なんて現象があるかもしれません。

次回バリに行く時には乗ってみたいです。

ブログランキングに参加中 [かわいい]皆様のご協力お願いします。

   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひさしぶりの ギリ・アイル 2012 [観光情報]

20120212-2.jpg

ひさしぶりに家族でギリに行ってきました。

中国正月前後はエライ荒れ荒れのロンボクだったけど
最近はまたもや ホンマに雨季?というくらいの天気です。

20120212-1.jpg
画像クリックで大きな画面が別窓で開きます。

到着していくのは 東南のビーチにあるZIP BAR
このあたりのビーチレストランは 東屋でのんびりできるようになってて
定期的に飲み物や食事をオーダーすれば 基本何時間居座っても
文句は言われません 今日も11時前に島に到着 15時ごろまで
東屋に陣取って(荷物おいてるだけ) 利用しました。

20120212-5.jpg


相変わらず人気のギリ 閑散期の2月だと言うのに
昼時には ここも隣の SCALLYWAGSもほぼ満席状態
ギリアイルでこれだけ繁盛してたら トラワンガンはどんな事になってるんでしょ?
想像したくないな・・・


20120212-4.jpg

で、ビニールのゴミがいっぱい海に浮かんでました!
すごく気になってしまって 子供を遊ばせながら 一人でゴミ拾い
ゴミ箱一杯くらいのゴミ拾いました~も~~[ちっ(怒った顔)]
画像はだいぶ拾ったあとに は!そうや!って撮ったものです、ホンマにえ~ってくらい
ゴミ浮いてました~観光の人も拾いましょうよ。キレイな海好きでしょ?


店のスタッフに言ったら 「それはスンギギから流れてきた」なんて責任転嫁
まぁスンギギはおおげさにしても バンサル港のプモナンやタンジュンあたりの
町から流れてきた可能性はありそうです。海にゴミ捨ててるんだろうな~[ふらふら]

20120212-3.jpg

経済発展もいいけど こういう基本的な事も成長しようよ、、、インドネシア[たらーっ(汗)]

20120212-6.jpg
食事が出ると どこからかくる島のニャンコ達
太ってはいないけど毛のツヤはとってもよい。


ブログランキングに参加中 [るんるん]皆様のご協力お願いします。

   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ




nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

最終日 南ロンボクへ(その3) [観光情報]

断食のあとにまたもや手伝いが帰ってこなくなってから
すでに3ヶ月 毎日大量の洗濯物と掃除で自分の時間が減って
ブログを書く夜には疲れはてて 寝ながら更新とか・・・・[バッド(下向き矢印)]
昨日から お掃除だけしてくれる人がきてくれて ちょっと助かった~[るんるん]



そんなこんなで  4日間のツアーも最後の場所訪問 [end]


20111118-4.jpg


南ロンボクと言えば 伝統的なササック族の集落が有名[ひらめき]
新空港を南下して すこししたところにあるのが
村まるごと観光用に公開してる サデの村

この村の周辺にも同じような集落がポツポツあるけど
観光客が来れば 入ってきてもOKみたいで
今回もクタ方面からサデに向かう少し手前でボントールという
小さな集落にも入ってみました。

20111118-9.jpg

道沿いにある村なので観光客にもなれていて 寄付金のノートもありました、
それ見せられたら 払わざるをえませんね
ちなみに20名の団体さんぶんってことで10万ルピア(1000円)寄付
サデと違い こんなふうに気まぐれで入ってくる観光客のみなので
私達の前にここを訪れたお客はけっこう前の日付けが書かれてました。


20111118-8.jpg
こちら葺き替えたばかりの屋根はもちろんサデ


サデは以前から観光客を積極的に入れようと 寄付金を村の整備のために
どんどん使っているようで 10年ぶりくらいで訪れた村は
驚くくらいきれいになってました、土産物屋もいっぱい!できてた。
むむむ~[たらーっ(汗)]

今は国内観光客も増えているのか 以前は村に入るとガイドさんが
しつこく寄ってきてましたけど この日はカメラマンばっかりで
案内は不要ですよと伝えると 寄付だけお願いしますって
けっこうあっさりしてました、繁盛してるんでしょうね!


20111118-7.jpg



家の前で自分ちで織ったであろう スレンダン(肩からかける布)を
「かってくれ~」とセールス熱心なおばあちゃん
この図だけ見ると 何十年も前の村にタイムスリップしたようなカンジ[ぴかぴか(新しい)]

ここで織られる布はスカララに比べて シンプルで素朴な感じ。
土産物では色んな布も売ってますが これがこの村のオリジナル
、、、のはずですので[たらーっ(汗)]


20111118-6.jpg
サデ村の民家の軒先で並んで座ってた子供達

ということで 長かったようで 慌しくすぎた4日間の撮影ツアーは終了。

今回 一番お若いお客さんが40歳台 一番年長さんは82歳
50台は1人もおらず あとは60,70歳台の方ばかりでした!
カメラ1台にしても皆さん最新のデジイチをあやつり 
しょっちゅう海外にもでかけておられるようで 旅慣れた方ばかり

自分も この年台になった時に こういう人生送れたら
ホンマステキだな~と思わせてくれる方たちばかりでした[ぴかぴか(新しい)]


ロンボクの「素朴な人々を撮る」というテーマの今回のツアー
その目線で見ると  いつもの風景が違って見えた[ひらめき]
私にとって まさにDiscover Lombok になりました。

20111118-10.jpg

林先生 皆様 4日間新鮮なオドロキをありがとうございました!
またお会いできるのを楽しみに待っています[るんるん]


ブログランキングに参加中[カメラ] 皆様のご協力お願いします。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

最終日 南ロンボクへ(その2) [観光情報]

20111118-1.jpg



最終日 クタで食事をしたあとはタンジュンアン・ビーチへ
こちら このブログでも何度か紹介していますが ガイドブックには
「インドネシアで一番美しいビーチのあるところ」という触れ込みで
うちでもリクエストがけっこう多いです。
(過去の日記はこちらです)

ビーチはたしかにまん丸の砂も面白いし 海も真っ青ですが
とにかく暑い! このビーチなぜかヤシの木 1本はえてないんです。
そのおかげで さえぎるものがなく ず~っと砂浜が
アーチ状に広がっているのが見えるというのがポイントなのかも。

こちら 小高い丘に上がれるようになってまして 少し前に
ここに上がる階段も整備されたので 初めて上がってみました。


20111118-2.jpg



丘から両側の海を見た図
画像クリックしてもらうと合成のパノラマ風景が大きくなります。

アーチ状のビーチがこの丘を境に左右にあるんですが
なぜか 向かって右のビーチはまん丸の不思議な砂でできてるし
左はサラサラ真っ白の「パウダーサンド」丘なんて幅10mくらいで
20mくらい海に突き出してる程度のものなのに 左右これだけ違うのは
なんかとっても不思議です。


今回丘の上から俯瞰してみて それがよく分かりました[ぴかぴか(新しい)]

しかしこのビーチ昔から しつこい物売りが出現してましたが 
今回その数がハンパなく増えていて ホントびっくり~[がく~(落胆した顔)]

20111118-3.jpg


お値段は競争相手が増えたからか そんな高くもなかったです。
Tシャツ3枚で10万ルピア、、とか (お土産にはピッタリネ!)
私も思わず サロン(腰に巻く布)2枚も買っちゃった・・・・[わーい(嬉しい顔)]


ブログランキングに参加中 皆様のご協力お願いします。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ






nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

最終日 南ロンボクへ(その1) [観光情報]

4日間の撮影ツアーもついに最終日 なんか早かったなぁ~[ダッシュ(走り出すさま)]


20111116-9.jpg

最終日は最後は空港まで行くので クタ周辺の村を訪ねます。
金曜日だったので 学校は基本自分の宗教の服を着る日
ロンボクはモスリムが多いので 色んなムスリム制服見れました。
車窓から見たのでほとんど写真は撮れてない[バッド(下向き矢印)]


今日のコースは・・・[るんるん]
焼き物の村(バニュムレッ)→織物の村(スカララ)
→ロンボクで一番キレイなビーチ?(インドネシア?)タンジュンアン
→ ササック族の伝統的な集落 サデ

バニュムレッは中部ロンボクじゃないんですけど
中部にもある焼き物の村のプヌジャッはすっかり寂れているらしく
私がよく行ってたバニュムレッに変更~。


20111116-1.jpg


村のメイン道路沿いには大小の焼き物のお店があり
で そこから小さな路地を入っていくと 各家の軒先で
女達が土をこねたり 仕上げの作業をしてたりします。
その模様は過去の日記で ここからどうぞ(別窓で開きます)


20111116-2.jpg

この おばあさん 撮影隊の標的(笑)になってまして
皆さん御礼にと あめちゃんを渡してましたが・・・・
「ちっ、アメかいな~ お金おいてけ~」みたいなことを
(ササック弁なので ほとんど理解できなかった ケペン=カネ
というのはきっちり言っていました・苦笑)[たらーっ(汗)]
「同情するならカネをくれ、、、」的ノリでしょうかね?
しかし ここであげてしまうと あとから来る観光客の迷惑になるので
やっぱりお金はいけません、、、

注釈:ここではあらかじめ お店の人にツアーがある事を伝えて
取引のある家につれていってもらいました。
取材の御礼のお金はまとめてこのお店の人に渡して
あとで分配してもらうような手はずにしていました(念のため)


素朴な人々・・・・・(笑)観光客なれしてるところはダメですね。
すみません 真実バクロしちゃって[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]


20111116-7.jpg


次に向かったのがスカララ 織物の村です。
こちらもメインの道沿いにはいくつも布を売る店があって
店の前でデモンストレーションしてますが 


20111116-8.jpg
こちらも店先で糸つむぎ作業

村に入っていくと 軒先でガッチャンコしてるお母さん達がいます。
バアサン お母さん 娘(もしくは息子のヨメ)とその子供=孫という図?



20111116-3.jpg


この村で織られてるのはソンケットという布 普段用というよりは
これはお呼ばれ用ですね 金の糸使ってて とっても豪華な感じ。
1枚のサロンができるまで約1ヶ月くらいかかるらしい(なんせ仕事のんびり・笑)

20111116-4.jpg


バアサンは口が真っ赤 これ噛みタバコで 田舎に行くと年取った人が
こうしてクチャクチャやってるの多く見ます。
ササック弁で ママッ(Mamak) と言うんだそうな。
葉っぱはシリーという名前で 他は何なのか?よく分からないけど
これらをブレンドして クチャクチャっと・・・・

20111116-5.jpg

このダウンシリー(シリーの葉)以前にも紹介したけど
歯磨きのペーストや 女性専用の石鹸などにも配合されてて
ニオイの予防になるとインドネシアでは有名なハーブ


20111116-6.jpg

このママッに関しては「歯が強くなる」と言ってました。
強くなるのはいいけど その赤い口は ちょっと。。。なぁ[あせあせ(飛び散る汗)]


ブログランキングに参加中 [かわいい] 皆様のご協力お願いします。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

3日目 ギリで激写 [観光情報]

20111114-2.jpg

3日目は いよいよギリ[ぴかぴか(新しい)] 
この日はメノーとアイルに行ってきました。
トラワンガン行っても白人だらけだし
なんせテーマは「ロンボクの素朴な人々」


20111114-3.jpg


この日はお昼くらいが干潮だったので 先にメノーへ
メノーは水深の深いところがないので 船がつけにくいんです。
オットもよっぽど用事がないと行きたがりません
これが一番静かな島のゆえんだと思います。
私は3つのうち一番好きな島です。
夏はそれなりに賑わってたけど いつもどおりのメノー 



今日はあらかじめ先にお願いしてたモデル達をつれて行きました。
男の子 6人 幼児2人 これに大人が5名 総勢13名
大人は うちの運転手とボートキャンプテン 元スタッフの嫁
そして船大工の夫婦 身内ばっかり(笑


20111114-1.jpg
画像クリックで少し大きくなります。

子供は男の子ばっかり6人(+2 赤ちゃん)、、、学校休んでもらった、ゴメンね[たらーっ(汗)]

本当は素っ裸が希望でしたが 全員恥ずかしがってX
パンツはいたまま! あっちからこっち~と サンサン太陽の下
走りまくって、、、大変だったね~[ダッシュ(走り出すさま)]

20111114-4.jpg
画像クリックで少し大きくなります。


あらかじめ仕事はこんなんだよと伝えて心構えはできてたので
みんな言われたとおりに ちゃんと動いてくれてスムーズでした。
突然お願いすると やっぱり心の準備ができてないので
恥ずかしい気持ちが大きいし。。。。


20111114-5.jpg

1時間の撮影 潮が引ききる前に さっさと引き上げて次はギリアイルへ
北周りのギリアイルでも一番海の色のきれいなところを通って
お昼ごはんのZIP BARに到着です。


20111114-10.jpg

このあとは またもや 島のチドモに乗って島1周の人と
歩いて撮影に別れて 自由行動。

ちなみに島1周 途中休み休みで余裕を持たせたチャーターのお値段
Rp150.000/1台  1500円です、、、たかっ!
1日目の馬車は 同じようなチャーターで Rp40.000- 400円
これでも 観光客価格なんですけど ギリはぼったくりすぎです。
草を本島から送ってもらうコストがかかるといいますが
そこまで高くないじゃろ。。。。[バッド(下向き矢印)] まさに売り手商売のギリでした。

20111114-6.jpg


ブログランキングに参加中 [カメラ]皆様のご協力お願いします。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 観光情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。