So-net無料ブログ作成

イカット工場見学 [ロンボク]

ひさしぶりのブログです、大阪時代の友人約2名が遊びに来てくれてて
連日 出かけっぱなしなのでした。
こういうリゾートに住んでいると 友人の訪問率が高いので すごく嬉しいです。
お二人さん 楽しんでいただけましたか?
(かなりディープな地元っちツアーだったので 大丈夫だったかしら?)

ところで今回の訪問で チャンクラヌガラという町にある 
イカット工場を初めて見学してきました、場所はメル寺院のすごく近所です。

だだっぴろい工場には 埃をかぶった機織機がいっぱい!
最盛期は200人ほどの従業員がいたというこの工房も 今日は病欠の人もありで
わずか6名ほど 機を織ってる人はそのうち3名だけでした・・・・。

イカットというのは インドネシア語で「しばる」という意味
日本のカスリとほとんど同じ工程で作られるようで
この工房では 糸をつむぐところから あがった糸をしばって 染色
織りまでを一貫してやっていました。
なるほど この独特のカスリ模様は こうやってできるのか~

織りあがるまでには ものすごい工程をこなさなければならないのね~と
現場を見てしまうと エラソーに値切るのがなんだか恥ずかしくなっちゃいました。
ほんと根気のいる作業ですよ~ あんな細い糸をパッタンパッタンして
何メートルも織り上げていくんですからね、、、。

この工房は
Slamet Riady Jl.Tenun NO.10 Cakranegara TEL0370-631196

ただ 実演販売のお店というのは 市場のお値段よりはやや割高なカンジです。
このお店も 私が聞いたところでは「ディスカウントはなし」で
コットンのオリジナル・イカットが メーター Rp60.000とRp100.000
絹100%にいたっては メーターRp250.000(約3千円)ちょっと びっくり。

布は見る目がないとダメだな~~と思い知りました。
6万も10万も違いがわからない私(恥)

でも 織ってるとこを見ちゃうと それでも安いのかも、、と思ってしまうでしょう(苦笑)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 4

akko

念願のイカット工場に連れてって頂けて、ほんっとに感謝感謝です。
購入した生地で何か作ったら、またご報告しますね。
‘ディープな地元っちツアー’とっても楽しかったですよ~
ちょっと病みつくかも!?
次回までにまたどこか面白いところを開拓しておいてくださいね!
by akko (2006-06-05 15:16) 

ママハナ

おつかれさまでした~

あのツアーは普通のお客さんには案内したことないんですけど(苦笑)
面白かった? じゃぁ 今度 一般のお客さんも案内してみるか~^^

次回は 南のクタ方面とか行ってみますか?
こっちもなかなか楽しいよ~
by ママハナ (2006-06-06 10:23) 

akko

購入して帰ったイカット、昨夜さっそく母親に見せびらかしました。
母親もかなり興味津々。
日本人には結構うけるのかも!?

クタはドライバーのワヤンさん(でしたっけ?)もオススメって言ってました。
って事で、次回はそこへ連れてってくださ~い ^^
by akko (2006-06-06 12:32) 

ママハナ

えっ!?ワヤン ロンボクに来たことあったかな~???聞いてみよう^^

イカットは絣に似てるので やっぱり日本人にはなじむんでしょうね。
しかし布の値段・・・・・よーわからん(苦笑)
by ママハナ (2006-06-06 14:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。